大陸動き説の行いについて勉強していました

大陸引っ越し考えについて訓練しました。欧州を中心にした雰囲気マップを見ると、大西洋をはさんです両側の海岸線がきちんとハマることに気付きます。1912時期に大陸引っ越し考えを唱えたウェゲナーも、このことをもとに考えついたといわれています。ウェゲナー(1880〜1930時期)は、大昔には世界中の大陸が一律ひとかたまりになっていたと主張し、こういうバーチャルの大陸を「パンゲア」と名づけました。恋人は、氷河の痕跡の分布や動物の化石の同一性など、さまざまなものを理由として写し出しました。しかし、大陸を動かすほどの糧については十分なレクチャーができず、当時のサイエンティストたちに支持されなかったそうです。1950ご時世になると地球の磁気の捜索が進み、その結果から大陸引っ越し考えが見直されるようになりました。また、第2後雰囲気大戦中に軍事目的で海底を考える手並みが発達すると、海洋下発見考えが提議されました。その考えに因ると、マントルメンタルの物が海嶺でわき上がって真新しい海底がひろがり、海溝から改めてマントルにもどるのです。こういう場合、海嶺の両側の大陸にテーマすれば、甚だ大陸引っ越しだ。勉強して良かったです。キレイモ 脇 割引

大陸動き説の行いについて勉強していました